【さとじの日常】

ワイン

ワインですが、ある本をきっかけに、本格的に飲んでみたくなり、計13本飲んでみました。セレクトしたワインは、まず、辛口(甘口はダメ)価格は1,000円から2,000円の間。赤6本、白7本。
1本を除き、すべて、外国産(フランスとかスペインとか)
どのワインが一番さとじに合っているか、試したくなったというわけです。
判定の仕方は、まず、1本飲んでみる、それで2本目を飲んでみる、その時点でどっちが旨かったか判定し、美味かったやつの空き瓶を棚に飾って置く、で、3本目を飲んだ時は、棚に飾ってあるやつとどっちが旨いか判定する、それを繰り返す・・。

 【結果】
・残念ながら、というか、驚いたというか、さとじには、ワインの味の違いはわかんないじゃん。みんな、それなりに旨い。いくらでも飲める。最後まで残ったワインもなんだかあいまいで自信がもてない。
・ただ、赤より、白の方がさとじにはあってる。魚はどっち、肉はどっちなんて説もあるようだけど、関係ないですね。全然。
・日本酒とかビールに比べてどうだ、って言われる、考え込んでしまう・・。

【今後】
・もうちょっと高価なやつも飲んでみないとほんとのところ分からないと思うのですが、もーもーかーちゃんに、「いったいぜんたい、この瓶、どうするつもり、もー」と厳しい目で睨まれたので、いったん、中止します。

(写真は処分前の愛すべきワインの空き瓶たち)

41554435_1866414593445749_4041223325391781888_n

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中