【てっちゃのコラム 100ー】

第153回 平成最後 2019/4/30

(てっちゃ)

 かみさまーかみさまー。起きていますかー

(神様)

 だから、わしはいつでも起きていると申したであろう。いつも、お前を見守っておるぞ

(てっちゃ)

 そ、そうでした、そうでした。失礼をいたしました。でも、見守られているというより、なんか、相変わらず、監視されているような気がするんですけどぉぉ・・

(神様)

 何をぶつぶつ申しておる。して、何の用だ。わしは忙しいのじゃ、手短に申せ。

(てっちゃ)

 かみさま、忙しい忙しいっていう人ほど、ほんとはそう忙しくないって、まえにそういいましたよ。忘れただ?

(神様)

 そ、そんなこと申した覚えはないぞ・・。

(てっちゃ)

 かみさまー、今日は平成最後の日なんですよ。

(神様)

 それがどうした

(てっちゃ)

 「てっちゃのコラム」も今日は平成最後なんですけどぉ

(神様)

 それがどうした

(てっちゃ)

 今朝、平成最後の珈琲焙煎をやりましたよ。

(神様)

 だから、それがどうしたというのじゃ。

(てっちゃ)

 それがどうしたって、神様はえらい平成じゃん

(神様)

 ばかもの、くだらないことを申すでない、まーず、世の中、「平成最後の・・」という枕詞で充満しておるのぉ、なんでもかんでも「平成最後」と、つけおって。

(てっちゃ)

 だって、しょうがねぇじゃん。平成最後なんだもん。なんか、最後っていうと、身が引き締まるというか、やり残しはないかとかって、思っちゃいますからね。

(神様)

 ほ、ほぉぉ。そうか、最後というと身が引き締まるか?やり残したことはないかと考えるか?
 ほ、ほぉぉ、お前にしたら良いことに気が付いたのぉ・・。
なら、良いことを教えてやる。耳の穴をおっぴろげて聞くがよい。

(てっちゃ)

ははぁぁ

(神様)

 あのなぁ、チコちゃんに「ボーっと生きてんじゃねーよ!」って、言われたくなかったら、毎日毎日を、「今日が人生最後の日」って決めたらどうだ。
 そしたら、やり残しがないように、動きが活発になるであろう。

(てっちゃ)

 かみさま、お言葉ですが、わたしゃこうみえても、べつに「ボー」っと生きちゃいませんよ、ぼーっとなんか。おれだって一所懸命やってんじゃん。そんな、人生最後の日なんていわなんでよ。

(神様)

 おおお、怒ったか。そうかそうか、そうだな、お前もお前なりに頑張ってるか?そうかそうか。まぁ、そう怒るな。
 たまにはさ、「今日が人生最後の日」だったら何をするかなって、考えてみたらどうですか、ってちょっと参考までに言っただけだからさ・・・。

(てっちゃ)

 ったくぅ。やだくて・・。かみさまは、やだ、いつも大袈裟にいうから・・。

(神様)

 平成が終わり、明日からは、「令和最初の・・」「令和最初」って大合唱するんだろうな。

(てっちゃ)

 それそれ、その令和ですけど、なんか冷たいような気がするのですが、大丈夫ですか。こないだも、令和の練習してたら、間違えて冷和って書いちゃいましたよ。かみさま、どうかよい令和にしてくださいね。

(神様)

 たわけ、大事な元号を間違えるばかがおるか。令和をどういう時代にするかは、わしが決めることではない、お前たちが勝手に作り上げていくものじゃ。良い時代にするため良い行動を起こすことじゃぞ。

 もうよい、お前と話をしていたら、平成中にやっておくことを忘れておったわ。さらばじゃ、よい令和を迎えるのじゃ。

2019年4月30日 記(平成最後の日)

くろみ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中